人材の役割を十分に発揮する

人材観念

画像名

「人はその才能を発揮して共に発展する」

人材は企業の発展と競争の基礎である。会社は人材を会社の第一の資源とし、人材を企業発展の根本的な前提とし、人材を尊重することを企業発展の根本的な基準とし企業と従業員の共同発展を促進することを人材戦略の根本的な任務とする。

一、人はその才能を尽くして、それぞれその長さを尽くします

会社は人を基本とする企業経営理念を受け継ぎ、広い発展の見通しで人を凝集することを堅持し、美しい事業目標で人を励ます。科学的で効果的な人材制度を構築することによって、積極的で良好な人材成長環境を構築し、従業員に十分な才能を発揮する舞台を提供します。

 

会社は「学歴を重んじるがもレベルを重視し、職名を重んじるが適職を重視し、経験を重んじるが能力を重視し、職歴を重んじるが奉献を重んじる」という人事原則を堅持しています。公平な競争メカニズムと良好な文化雰囲気を創立することによって、従業員一人一人の積極性、主動性、創造性を十分に引き出します。

 

 

二、共同発展、共同成功

従業員の努力がなければ、企業の成功もないし、企業の成功がなければ、従業員の成功もない。会社は従業員に自身の発展と会社の長期計画を結び付けて、従業員に多種の成長ルートと発展パターンを提供しています。会社は一人一人の従業員のために良い成長条件を作って、従業員に広い発展空間を提供して、最大の潜在能力を発揮させて、従業員と企業の共同発展を実現します。

 

会社は従業員による発展を堅持して、従業員に発展して、成果は従業員と共有する観念を発展して、企業と従業員の双方の利益を重視して配慮して、企業と従業員の団結と協力を提唱して、仕事の中で共に価値を創造して共有して、最終的に企業と従業員の間の共同発展を実現して、みごとなウィンウィンの局面を共有します。