発展の歴史

2010年
  • 江蘇博遷新材料有限公司を設立しました。
  • 2011年
  • 新材料園区の第一期建設プロジェクトが開始されました。
  • 2012年
  • 董事長王利平は第12期全国人民代表大会代表に選出されました。
  • 2013年
    1. 国家ハイテク企業に認定されました。
    2. 宿遷市の「科学技術革新先進企業」「経営管理先進企業」と評価されました。
    3. 「ナノ金属粉末の研究開発と工業化」のテーマが江蘇省「工業基礎の特別強化プロジェクト計画」に組み入れられました。
    2014年
    1. 完全子会社の寧波広新ナノ材料有限公司を設立しました。
    2. 「高容量片式セラミックコンデンサ内部電極ナノニッケル粉の研究開発および工業化」のテーマは、江蘇省「重大科学技術実業化」のテーマに組み入れられました。
    2015年
    1. 新材料園区第二期建設プロジェクトが開始されました。
    2. 江蘇省「情報化および工業化融合型模範企業」さらに「インテリジェンス模範事業場」と評定されました。
    3. 事業場」と評定されました。
    4. “銀粉”と“180nmニッケル粉”は江蘇省「省級新製品」の認定を獲得しました。
    2016年
    1. 新材料園区第三期建設プロジェクトが開始されました。
    2. 当社研究開発機関は、省級の技術センターである江蘇省「ナノ金属粉末研究開発センター」と認定されました。
    3. 株式内容を見直し、会社名を江蘇博遷新材料股份有限公司とし。
    4. 国家ハイテク企業として再度認定されました。
    2017年
  • 上海交通大学の丁文江院士チームと共に省級の企業院士ワークステーションを設立しました(2017-2019年)。
  • 2018年
    1. ナノ金属粉末生産ラインを拡充しました。 
    2. 董事長王利平は、第13期全国人民代表大会代表に再度選出されました。
    3. 江蘇省の「ガゼル企業(*)」と評価されました。(*ガゼル企業;創新を活力に急成長している企業に贈られる称号)
    2019年
    1. 「コンデンサ電極ニッケル粉」の業界標準を起草制定しました。
    2. 国家知的財産権保有優良企業に選ばれました。
    2020年
    1. 2020年12月に上海証券取引所のメインボードに上場しました(証券コード:605376) 
    2. 同社が主導して起草した業界標準「コンデンサ電極ニッケル粉末」が正式に発表された。
    3. 浙江省博士ワークステーションを設立する。
    4. 80 nmニッケル粉末製品は浙江省経信庁に「浙江製造精品」に登録された。
    5. 広新会社の「電子専用ハイエンドナノ金属材料インテリジェント工場」プロジェクトは浙江省から「2020年浙江省デジタル化職場/インテリジェント工場」と評価された。
    2021年
    1. 「コンデンサ電極ニッケル粉末」は江蘇省の「専門特新」製品と認定された。
    2. 「300 nm銀粉」は江蘇省の「省級新製品」と鑑定された。
    3. 広新会社は浙江省から「全省の新世代情報技術と製造業の融合発展試験モデル企業」と評価された。
    4. 「電子専用ハイエンド金属粉体材料生産基地の建設及び移転・グレードアッププロジェクト」の第1期プロジェクトが竣工し、生産を開始した。
    5. 「寧波広遷電子材料有限会社」を設立した。
    2022年
    1. 博乾新材料は国家特産品、特産品、新型「小型巨人」企業に認定された。
    2. 光新会社が「浙江省グリーン工場」に選ばれた。
    3. 博乾新材料が江蘇省品質信用AA級企業と評価された。
    2023年
    1. 光新が国家ハイテク企業に認定された。
    2. 博乾新材料が国家知識産権局に「国家知識産権模範企業」と認定された。
    3. 江蘇省党委員会、江蘇省人民政府が「優秀企業」に選ばれた。
    4. 江蘇省工業情報化部より「グリーン工場」と称される。
    5. 江蘇省発展改革委員会から「グリーン先進企業」として表彰された。
    6. 会社の商標が「千社百城ブランド商標」に認定された。